免許合宿のベストドライブ > 第二種運転免許の免許合宿

第二種運転免許

第第二種免許とは

バスやタクシーなどの旅客自動車を旅客運送のため運転する場合や運転代行の業務として顧客の自動車を運転する時に必要な運転免許で、運転することで旅客からお金をもらう場合の必要な免許が第二種免許です。バスの回送や新車の納品、番組の撮影など、旅客を伴わない運転であれば第一種免許でも運転することができます。また、温泉や旅館の無料送迎バスなど、運賃を貰わない、施設に付随するサービスの1つであれば第一種免許で運転することができます。

大型・中型・普通・大型特殊とけん引免許の受験資格

大型・中型・普通・大型特殊第二種免許の受験資格の年齢は「21歳以上」で、「他の第二種免許を既に所持している」もしくは「大型・中型・普通・大型特殊の第一種免許のうち、いずれかを通年3年以上」であることが条件です。けん引第二種免許はけん引第一種免許を所持している必要があります。また、「運転者以外の乗務員として旅客自動車に乗務した経験が2年以上」、もしくは「自衛官が自衛隊用自動車を運転した経験が2年以上ある」場合は通年3年以上ではなく、2年以上で第第二種免許を取得することができます。

適正検査と深視力検査

第二種免許でも視力・色彩能力・聴力を検査する適正検査を行います。視力は「視力は「両目で0.8以上、片目で0.5以上、深視力検査3回の平均誤差が2cm以下」、色彩は「赤・青・黄色の識別ができること」、聴力は「補聴器を使用せずに日常会話を聴取できること、10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること」です。視力検査に含まれている深視力検査とは、遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力検査です。

卒業検定の難易度が上昇し、学科試験の合格率も低い

運転免許の最高峰に位置する免許区分であり、卒業検定が第一種免許の時の70点以上よりも高い80点以上が第二種免許の合格点と、第二種免許はプロドライバーとしての自覚を求められるため厳しく設定されています。二種免許でも教習所を卒業後、運転免許センターへ行き、学科試験と適正検査を受ける必要があります。学科しけkんでは合格点は変わらないものの、第一種免許の問題に加え応用問題が多く、第二種免許の法令知識や常識、運転区分に関する問題も多く出題され、第一種免許の学科試験よりも合格率が低いです。


それぞれの車種について

普通二種AT


普通二種MT


中型二種


大型二種