免許合宿に安く参加する方法

免許合宿の料金の相場は18~33万円です。免許合宿は時期、プラン、割引キャンペーンによってより安い金額で参加できます。

免許合 宿は閑散期が安い

免許合宿には繁忙期・閑散期があり、繁忙期は学生の長期休暇にあたる2~3月、8~9月に学生が集中して参加するため、旅行と同じように免許合宿の料金が高く設定されています。

繁忙期以外の5~7月、10~1月は閑散期に当たり、は免許合宿の料金が安く設定されているので、料金を安くしたい場合は閑散期に参加する事をオススメします。

切り替わりの時期がオススメ

免許合宿を安くするには繁忙期と閑散期の切り替わりの時期の「1月」、「7月」に参加するのがオススメです。比較的休みが取りやすく、繁忙期よりも5~10万円程度安く参加する事ができます。

予約はお早めに

繁忙期と閑散期の切り替わりの時期である「1、月」、「7月」は予約が殺到するため、1ヶ月以上前から予約をしておくと安心です。

食事プランや部屋タイプによって料金の差があり

免許合宿には3食付きや昼食のみといった「食事プラン」、シングルプラン、ダブルプランなどの「部屋タイプ」があります。安くなる食事プランと部屋タイプを選ぶことによって、免許合宿の料金が安くなります。

食事なしのプランは1~2万円安い

3食付きプラン食事プランよりも、「食事なし(自炊)プラン」の方が1~2万円程安くなります。食事なしのプランでも毎回外食で済ましてしまうと、かえって高くつくことがあります。

部屋タイプは1人ならレギュラープランが安い

部屋タイプは人数、施設によって料金が変わってきます。免許合宿に1人で参加した場合は「レギュラー(相部屋)プラン」に参加すると料金が安くなります。レギュラープランは他の教習生と相部屋になるプランです。

自分のプライベートを大切にしたい場合、料金は少し高くなりますが、1人部屋の「シングルプラン」もあります。

複数で参加ならダブル・トリプルプランが安い

複数で参加する場合は、ダブル・トリプルプラン(2人部屋・3人部屋)といった複数人プランが安くなります。このプランは他の教習生と相部屋になりません。

最も安くなるのは複数人プランで、より安く免許合宿に参加したい場合、友達と行くとお得です。

割引キャンペーンを利用

免許合宿では割引キャンペーンを行っている教習所があります。「学割」のほか、入校日の1~2ヶ月前に申し込んだ際に適用される「早割」、2~3人以上で申し込んだ際に適用される「グル割」があり、全て適用できる学校では最大で15,000円安くなります。

交通費支給上限額を確認

免許合宿を行っている教習所によって交通費支給額の上限が違います。遠方の免許合宿に参加した場合、交通費支給額よりも高くなってしまい足が出る可能性があるので、確認しましょう。

ストレートで免許合宿を卒業する

「技能教習の項目にクリアができない」、「寝坊などで教習を受け忘れる」、「修了・卒業検定、学科試験に落ちる」などは、教習がスケジュール内で終わらず、延泊することがあります。

特に検定に落ちてしまうと1時限以上、技能教習の補修を受けなければならなく、スケジュール内に終わらない可能性が高いです。教習所によって、ホテルの延泊の保証期間が決まっているので、ストレートで免許合宿を卒業する必要があります。

まとめ

免許合宿には繁忙期・閑散期があり、安く参加するには閑散期に当たる「5~7月、10~1月」だと5~10万円程度安く参加できます。「1月」、「7月」の繁忙期と閑散期の切り替わりの時期が休みを取りやすくオススメですが、予約が殺到するため、1ヶ月前から予約しておくと安心です。

食事プランや部屋タイプによって料金が変わり、1人で参加するなら「レギュラープラン」、複数で参加するなら「ダブル・トリプルプラン」だと安くなります。食事プランは「食事なしプラン」が最も安いですが、毎回外食をしているとかえって高くなる場合があります。

割引キャンペーンを利用するほか、交通費支給額上限の確認、延泊をせず卒業すると免許合宿の料金が安くなります。